99%以上の避妊成功率と言われるピルの効果とは

ピルというのは軽口避妊薬と呼ばれていて、効果は、予定外の妊娠を防ぐということです。コンドームなどの避妊具は、とうしても男性任せになってしまいます。低用量ピルでの避妊率はコンドームよりも高く、飲み忘れなどによる妊娠を除けば99%以上の避妊成功率となっています。世界中で多くの女性がピルを使っているなか、日本では1999年にようやく認可され、本ページはピルの効果について詳しく説明します。

妊娠を防いだり、生理に伴うさまざまなトラブルを解消

ピルには、女性の卵胞からつくられる卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)が含まれています。これらのホルモンを微量に飲むことによって妊娠を防いだり、生理に伴うさまざまなトラブルを解消することができます。

子宮内膜の増殖を抑える

ピルの服用により、血液中に多くのプロゲステロンが補われるため、エストロゲン作用がうまく働かず、子宮内膜の増殖が抑えられます。

子宮内膜は本来、エストロゲン作用で厚くなり、受精卵の着床を助けますが、増殖が抑えられることで着床しにくい(妊娠しにくい)状態になります