アイピルの使用方法

アイピル(I-Pill)は、何らかの避妊法を使っている最中に避妊に失敗してしまったときなどに、緊急に避妊をするために用いられる特殊な避妊ピルです。基本的にアフターピル(アイピル)の服用方法は、コンドームが破れてしまったなど、なんらかの理由で避妊に失敗した場合、セックスをしてから72時間以内にアイピルを水で服用するのが基本です!

このアイピル)の服用方法としては、パッケージから取り出して、食後に水で1回だけ服用すればよいものとされています。計画的な避妊が目的である普通の避妊ピルのように、生理の周期の初日から1錠ずつ毎日飲むなどのめんどうなことは必要ありません。服用のタイミングについては、アイピルを開発した製薬メーカーでは、避妊に失敗後、72時間以内に服用し、もし可能であるならば、12時間以内に服用したほうがよいとしています。

性行為後の服用時間や効果について:

・性行為後24時間以内のアイピル服用で、避妊成功率95%以上。

・性行為後25~48時間以内のアイピル服用で、避妊成功率85%以上。

・性行為後49~72時間以内のアイピル服用で、避妊成功率58%以上。

つまり、セックスの後からの経過時間が経つにつれ、アイピル効果の妊娠回避率は下がっていきますので、お早めにアイピル服用することをオススメします。

その理由として、受精卵が子宮内膜に着床するまでには2日から4日程度の時間がかかるため、この時間の範囲内で避妊をすることが望ましいということを掲げています。なお、このアイピルは中絶薬ではないので、すでに妊娠してしまってから服用したとしても、胎児に影響はないものの、避妊という意味での効果はないとしていますので、妊娠が明らかなのに服用するという服用方法は適切ではありません。