さまざまな避妊方法を徹底比較

男性にとっても、女性にとってもセックスによるコミュニケーションはとても大切なことです。しかし、世代、性別、年齢、生活環境及び経済状況で赤ちゃんを産むタイミングがそれぞれ異なります。妊娠を望んでいる男女にとってもセックスによるコミュニケーションはとても大切なことですが、妊娠を望んでいない場合は避妊することが大切になります。現代日本国内で、さまざまな方法がありますけど、それぞれの特徴、メリット、デメリットなどが差があります。自分とパートナーの状況を基づいて、選びましょう。特に避妊したいあなたのために、さまざまな避妊方法を徹底比較しましょう。

コンドーム
男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の腟内への放出を防ぐ方法です。これは女性の意志関係なく、男性が主導する避妊方法です。
メリット:安くて、入手しやすいです。または。性病感染を予防できます。
デメリット:装着ミス、ズレ、破損などによる避妊率が低いです。低用量ピルと一緒に使用することをおすすめします。

OC
OCは低用量経口避妊薬と言います。これは女性の意志で避妊方法です。卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが混ざったホルモン剤を、毎日1錠ずつ飲むことで排卵を防止する方法です。
メリット:月経周期が規則的になります。または生理の量が減り、生理痛が軽くなります。正しい服用すれば、避妊率が高いです。
デメリット:医師による処方が必要があり、毎日服用すべきです。飲み忘れたら、避妊作用がありません。

子宮内避妊具(IUD・IUS)
これは女性主体で、子宮内に避妊具を挿入して着床や排卵を防ぐ避妊方法です。避妊具の柄の部分に銅が付加されている「銅付加子宮内避妊具」や黄体ホルモン剤が付加されている「ホルモン付加子宮内避妊具」などがあります。
メリット:一度入れれば、2~5年ごとに入れ替えるだけで、効果が高い避妊方法です。
デメリット:挿入後数ヵ月間は生理以外の出血が続くことがあるが、時間とともに、日数や量は少なくなります。異物をいれば、子宮感染を防ぐことも重要です。または医師による装着、除去の必要があります。

リズム法
基礎体温を測定することにより、排卵期を知り、避妊の目安にする方法です。
メリット:副作用がありません。自分の月経周期を把握できます。
デメリット:朝きちんと体温を測定を測定する必要があります。または発熱、過労、ストレスなどで基礎体温が変動し、排卵期が見つけにくくなる場合があります。

避妊手術
女性の場合は卵管、男性の場合は精管を糸で結ぶか切断して、卵子や精子の通路を遮断する方法です。
メリット:1度の手術でほぼ確実に避妊できます。
デメリット:一度手術をすると元に戻すことが困難ので、今後全く妊娠を希望しない方が利用するほうがいいです。手術費用がかかることや手術そのものの負担がかかります。

自分とパートナーに合う避妊方法を選択して、円満なセックスライフを望ましい。